模型人形や植栽、LED専門店わき役黒ちゃん

わき役黒ちゃん製品を使った鉄道模型、ジオラマ、建築模型などを紹介

ミニカーとは?ミニカーと鉄道模型の関係

   

ミニカーとは?ミニカーと鉄道模型の関係

現在は多くのミニカーが販売されているのを見ることができます。現在日本では、タカラトミーから販売されているトミカなどが最も有名なミニカーではないでしょうか。

実物の車の43分の1のサイズで製作されているものがほとんどで、各自動車メーカーから販売されている実際の車種が多くミニカーとして販売されています。また、ミニカーとは4輪車の自動車だけではなく、2輪車や工事現場で見られる重機もミニカーとして販売されています。

トミカだけでも160種類以上の車が発売されており、その種類も乗用車、トラック、建設機械と多く、レパートリーが広いため、ミニカーのコレクターも多く存在します。日本ではタカラトミーのトミカが有名ですが、海外にも多くのミニカーブランドが存在しています。アメリカ、イギリス、フランス、ドイツなどにも老舗のミニカーメーカーがあり、世界各国で親しまれている玩具です。

各企業が量販店やコンビニエンスストアなどと提携し、商品のおまけとして販売されることもありました。見かけられた方も多いのではないでしょうか。

現在は、おおよそ一般的に子供の玩具として定着したミニカーですが、実はその始まりは、鉄道模型の備品として製作されたのが始まりです。

ミニカーと鉄道模型

鉄道模型は初期、Oゲージと呼ばれるレール幅が32mmの規格が主流でした。ミニカーはこのOゲージの装飾品として登場したのが始まりとされています。

鉄道模型のOゲージは実物の鉄道の43分の1のスケールで製作されます。それに合わせて、自動車も実物の43分の1のスケールに合わせて制作されました。現在ミニカーのサイズの主流が43分の1になっているのは、この時の影響がある為です。

現在でもミニカーは鉄道模型と一緒に展示されることがあります。鉄道模型のジオラマを製作する際は、情景にリアリティを持たせるためにミニカーを配置することが多いのです。

市販されているミニカーは種類が多いので、様々なジオラマに合わせることができます。自然の風景や、都市部の風景にミニカーを配置すると、よりジオラマの中の世界が広がります。

HOミニカー改造

HOミニカー改造

HOのミニカーをLED付に改造しました!

わき役黒ちゃんでは、ミニカーに付随させるパーツとして、人形模型を用意しています。43分のスケールですので、市販のミニカーのスケールと合わせることができます。人形とミニカーを組み合わせることで、よりジオラマ製作の幅が広がることでしょう。

ミニカーと街灯模型

ミニカーと街灯模型

現代、販売されているミニカーは非常に精巧な作りになっています。ジオラマを製作する際には、ミニカーを配置してみてはいかがでしょうか。本物そっくりのミニカーは、ジオラマの世界に彩を添える、とても有効な素材なのです。

1/24ミニカー展示

1/24ミニカー展示

Related Posts

 - お客様事例, 製作事例 , ,